楽器について学ぼう!オーボエはどんな特徴がある楽器なの?

オーボエについて知ろう

音楽を奏でる楽器はとても沢山の種類がありますよね。ピアノやギター、ウクレレなどは教室も多いため習ってみようかな、と考えたことがある人も多いでしょう。しかしあまりなじみ深くないだけで、楽器にはとても多くの種類が存在しているんですよ。オーボエもあまり聞きなれない楽器の1つでしょう。学生時代に吹奏楽部などに所属していた方であれば、知っている人も多いですよね。オーボエは、古くから使われてきた木管楽器です。

高音で美しい音色が特徴

オーボエは木管楽器ですが、その特徴を知らない人も多いでしょう。オーボエはリードを2枚使って音を出しており、高音が出るのが大きな特徴です。とても美しく優しい音色を出す事ができるので、激しい曲よりもゆったりと流れるような曲に利用されるのが多い楽器です。また、音を出すのもコントロールするのも難しい楽器とも言われているんですよ。初心者の方の場合苦労してしまう楽器ですが、綺麗な音が吹けるようになったら感動しそうですよね。

オーボエの種類を知ろう

オーボエにもいくつか種類があり、特徴も異なっています。オーボエ・ダモーレは、オーボエよりも楽器の先端が丸みを帯びており、短3度低く、サイズも大きくなっています。そしてイングリッシュ・ホルンは、5度低くオーボエ・ダモーレよりも大きいのが特徴です。そして最も大きいのがバス・オーボエで1オクターブ低い音を出すことができます。しかし、実際にはあまり使われることがないそうですよ。これからオーボエを始める場合には、豆知識として知っておくと良いでしょう。

オーボエとはダブルリードで発音する木管楽器のことで、弦楽器以外でオーケストラに最初に導入された管楽器です。